転職失敗しない稼げる仕事は楽な仕事!
同じ仕事でも儲かる正社員は精神的に楽!
前に進まないと楽できない精神的にキツイだけ。
楽に稼げる仕事探す大手転職仕事サイト数社のみ!

努力が報われる仕事探したい方は←ココ

今更フリーターから正社員になれるの?
新卒就職から1年以内に辞めてしまった人!
学歴やスキルがない?今までニートだった?
そんな不安吹っ飛ばしてもっと楽に就職しませんか?

相談から就職率は96%

転職エージェント おすすめ 50代の転職とは?
65歳定年の時代に突入し
現役まっだだ中の50代社員
今後50代職業人の転職は増加する社会情勢があります

大学卒業後30年
まだまだ元気な50代で引退する時代は終わりを告げたのでしょうか?

50代定年で嘱託社員で年収ダウンするより
給与水準が多少下がっても
50代前半の今、60歳以降の生活水準を維持するためにも
今から生涯年収の試算を引き直し計算してみる価値があります

現役会社の退職金制度と福利厚生制度など比較検討し
転職により60代の総収入額を上げるキャリアアップも検討して損はありません

まず
50代は転職してはダメ!
という鉄則があります

その意味は、会社を辞めてはいけない!

会社を辞めないで
転職活動する理由は
50代後半で雇用が終了する就業規則が
会社にあるから・・・ないのが当たり前?

雇用契約が終了する前に
転職先確保する保険担保と思えばいい

現役バリバリ経験豊富なベテラン社員を
確保したい企業は少なからず存在します

時流に乗り急成長したベンチャー系企業は
利益は確保できるが
社員育成の壁が必達の課題なのです

リスクマネジメントや折衝能力のスキルの差異は歴然です

企業コンプライアンスの構築が急務な今
監査室を設け社員を守る監査制度の必要性も痛感されています

50代ベテランの資質を高く評価しても
古い体質に閉じこもった人
柔軟性に欠ける
今までの方針は曲げられない
自分の人生は過去の会社がすべて

などベンチャーの対極にある人生観が転職を不可能にしています

成功の法則は
世の動きが生み出す需要に過敏であれ
主体的な行動力
自分で頭を働かせる
チームワークと烏合の衆の本質が理解できる
チームワークの力を発揮させる人
肩書に固執しない
得意なスキルは役立つスキルである
説得力のある直感力に優れる
築いてきた人脈が豊富
時流の変化に敏感
ニーズンも的確にくみ取れる
企業ガバナンスを理解している
目線は経営者、姿勢は平社員
業界変化の兆候が感じ取れる
若者からの信頼が厚い

50代の転職希望者が持ち合わせていない項目です
あなたが採用担当なら
上記全て◎なら不合格にしますか?

結局、50代の転職成功率は悲惨ですが
その原因は本人のチャレンジ精神がないことに起因します
脳組織が硬直化しスカスカになるのは自然の摂理です
それを阻止するのは自らの力以外ありません

退職金を支払わずに65歳まで雇用延長する企業は増加傾向にあります

その一方
受給資格期間の25年に満たないなど
年金支給さえ見込めない就労者数が少ながらず存在しています
受給期間を満たす任意加入や
転職先で厚生年金に加入できれば
給与アップと
年金支給獲得と
今、手を打てば収入が大幅に増加する可能性すら存在するのです

重要なのは、社会の平均値で物事を考え判断する思考回路ではなく
自らが置かれている立場と処遇を要素に判断基準を再構築しないと
60代以降の人生設計は砂上の楼閣になりかねません

転職とは何か?
仕事を辞めたいから?
人間関係の問題?
思いつき衝動的に?
転勤が嫌?
給与アップがない
残業が多い?

上記は20代~30代の視点です
50代の転職は生涯総収入額を
もっと深層まで掘り下げないと成功しません

今更、個人年金額を積み増しても限度があります

このターニングポイントの選択こそ
あなたのスキルの真価が問われているのです

転職失敗しない稼げる仕事は楽な仕事!
同じ仕事でも儲かる正社員は精神的に楽!
前に進まないと楽できない精神的にキツイだけ。
楽に稼げる仕事探す大手転職仕事サイト数社のみ!

努力が報われる仕事探したい方は←ココ

今更フリーターから正社員になれるの?
新卒就職から1年以内に辞めてしまった人!
学歴やスキルがない?今までニートだった?
そんな不安吹っ飛ばしてもっと楽に就職しませんか?

相談から就職率は96%